×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンをお得に借りるなら

住宅ローンをお得に借りるのなら住宅ローンに対するしっかりとした知識を持ちましょう



住宅ローンの基礎知識

人気の住宅ローンとは

住宅ローンの返済は大抵の場合、長期に渡って行われます。

ですから、どんな住宅ローンを利用するかによって、総支払額が大きく変わってきまい、自分に合う返済方法をしっかり見極めなければ、後々苦労してしまう事になるでしょう。

住宅論を利用する際はしっかりと計画を練って、無理のないプランを選択するようにしましょう。。

まず、住宅ローンには大きく分けて三つの金利タイプがあります。

それは、固定金利期間選択型、全期間固定型、変動金利型です。

低金利の現在、最も多く利用されているのが固定金利期間選択型です。

全期間固定型ほど最低金利が高くなく、変動金利型ほどリスクが高くない上に自分で固定期間を選択できる事が人気の要因となっているようです。

その中でも、住宅金融公庫は2007年3月に廃止されてから住宅ローンの主流となっているのは、フラット35と呼ばれる商品です。

フラット35には住宅金融支援機構が民間金融機関の住宅ローンを買い取り機構が証券化する買取型と、提携金融機関が手がける証券化を住宅金融支援機構が保証する保証型があります。

仕組みが難しいので、ここでは、一般的な買取型のフラット35の説明をします。

フラット35(買取型)の融資は民間金融機関が行います。

金利は金融機関によって異なり、平成19年10月時点で返済21年以上は2.95〜3.5%、20年以下は2.75〜3.4%。

金利は固定で、申し込み時の金利ではなく、融資開始時点の金利となります。

返済は15〜35年で、1年刻み。

融資限度額は8千万円で費用の9割が限度です。

フラット35を含む借入金(フラット35以外の住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、財形住宅融資など)の合計が、年収400万円未満の人は30%以下、年収400万円以上の人は35%以下という基準があります。

申し込み年齢は70歳未満。

ただし、親子リレー返済を利用する場合は、70歳以上でも融資が受けられます。

住宅の床面積は、一戸建ての場合、70m2以上で、マンションの場合は専有面積30m2以上。

床面積の上限はありません。




生命保険 見直し

ホームページ素材 イラストレーション WEBテンプレート Flash 無料ダウンロード 【Cool Liberty】

エステ